LUFIA in Rim_World

オンゲからオフゲまでいろいろなゲームの日記

プロフィール

LUFIA / AIFUL

Author:LUFIA / AIFUL
RF Online AQUARIUS鯖
種族:ベラート
Lufia LV54
種族:コラ
アィフル:LV65

AtlanticaOnline ディオーネ鯖
LUFIAN:LV170

フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去ログ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

46DHから無知と恩恵と大宝石がフツーにでるよ!

2008.05.02  おーみ  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

指南書⑥【対コラ クラス別Debuff戦術 その③】

2008.05.02

category : 【RF_Online 諸記事】

明日が休みになりました。

GWなんて存在しない私にとっては結構嬉しい休みです。
といってもどうせ仕事あるんだろうなあ・・・


【RF Online】
タリックありません。
55Bレッグを手に入れたはいいものの、
恩恵がないため使わなくなった防具からタリックをはがして確保。
復活の在庫が切れたらやばいことになりそう。

そしてTMバグ、国庫も空のようです。
現実社会でも同様に、流通が止まったらどうなるか運営は考えないんですかな・・・



まーた放置気味になってました。

今回はコラの主力であるフォーサーについて適当にカキカキしていこうかと思ってます。

というわけで今回は
①ウォーロック
②グレイザー

について。
ん?なんか1個足りない?気のせいですよ。きっと

コラのスピリチュアリスト系は人数が非常に多く、同様に戦い方も人それぞれです。
火力でひた押しにしてくる人、ヘカテでハメて来る人、イナンナをつけて防御重視など
特にグレイザーは様々なセッティング方法があります。
喜ばしいというか悲しいというか、RFの対人で出会う人は常に同じメンツです。
百聞は一見に如かず。相手の戦闘スタイルを戦ってみて覚えこむのが一番よいかと思います。

ですので、今回はあまり深いとこには触れず、基本的な戦術より傾向などを分析し、それにおける対応策などを書いていきます。



<種族&クラス別対抗戦術 コラ編>

ウォロク


【ウォーロック】
フォースの、より効率的な使用方法を研究しているスピリチュアリスト。フォースの威力の高さはもちろんですが、瞬時にして相手を行動不能にしてしまう彼らの能力は、敵国にとって恐怖の対象となっています。
キャスター上位


【基本戦術】
同クラスのベラだと火力で対抗するのはまず無理なので直接的な砲戦は控えた方がいいでしょう。
反面直接的な火力では圧倒されますが防御面ではこちらが優位に立てます。
POTとヒールで耐え抜く事が出来れば反撃が可能です。
アムニスがいないため、本体さえ沈黙させてしまえば無力化できます。頑張って押さえ込みましょう。
ただしストーンカースには注意しましょう。キュアPが使えますので常備をお勧めします。
またウォロクの攻撃はクラススキルの関係上、スタン率が高いです。マントに出来れば混沌をさせる方は刺しておきましょう。

【自CU防衛時】
50B+5以上の武器を持つウォロックなら別ですが、それ以下の場合はグレイザーの方が対CU火力としては勝ります。優先順位を見極めていきましょう。
次に回り込みましょう。CUを攻撃していれば必ず先手を取る事が出来るはずです。
まずはソウルイクスクルードを掛けましょう。これでウォロクの射程&威力&ディレイ&命中等の増加スキルを全て剥ぎ取る事が出来ます。

勘違いしている人が多いのですが、ウォロクのクラススキルは射程増加効果はありません。
従ってバフを失っているウォロクは射程はHCと同等、ディレイはWIZと同等という威力を除いては最低値まで落とす事が可能です。
ソウルイクスクルード1発で逃げる人も多いのでうまく使い分けていきましょう。
あくまで目的なCUへの被害を減らすこと。敵が後退したら無闇に追わずに次の目標を探しましょう。
下がらないのであれば、グロウで沈黙してデバフで蓋をしてあげればよいです。

【遭遇戦(優勢時)】
劣勢状態のウォロクがやることは、味方の主要火力や支援の要などに石化をかけて戦力を落としてくる事が多いです。
エフェをつけている人は石化のエフェを見逃さないように。自分が食らった場合もキュアPを使うか、周りのフォサにリフレを要請しましょう。

突出して追いすぎると石化を食らう原因になります。スピンとソウルイクスクルードを並行して叩き込み、ブラインドソウルでインクリの掛け直しを止めます。
そうすれば追いついてきた友軍と協力して叩けると思います。
デバフ漬けにしても、土中級はあけておきましょう。キュアPがある現在、いつスピンを解除されるかわかりません。いつでも掛けれるようにしておくのがミソです。


【遭遇戦(劣勢時)】
ヘカテのような足止めスキルがないので逃亡は比較的容易ですが、石化で孤立させられ、解除後にぼこられて死亡というパターンもありえます。
どうしても嫌な方はスクロールを連打してましょう。
ソウルイクスクルードを掛けて追撃を止めたいところですが射程で劣るHCの場合は掛ける前にデバフをもらい、射程で同等のWIZの場合はディレイの差で殿を務めることは危険です。

劣勢下で戦う場合、味方が石化などで動けなくなったりしてないか注意しましょう。
自分が食らった場合も白で、リフレくださいというとくれる場合が多いです。
対象のウォロクが超火力(55B+5~)持ちなどの場合は自分が完全にそのウォロクに粘着する覚悟が必要でしょう。
放っておくとバタバタと薙ぎ倒されます。
ソウルイクスクルード→グロウラックス→蓋→ブラインドソウル等で攻撃させる暇を与えないように。
しかしキュアPの実装で完全に攻撃を止める事は難しくなりました。土上級は常にあけて置くようにし、シーリング等も使って被害を減らしていきましょう。

【1VS1遭遇時】
勝つことは出来ても殺す事は難しい。それがウォーロックです。
石化という絶対スキルがあるため、火力で圧倒していない限りトドメを中々刺せず石化を掛けられて立て直されます。
しかしキュアPの実装でかなり優位は揺らぎました。
以前のようには行かぬとも、バフの掛けなおしの時間は確保されるでしょう。

基本戦術はバフを消す事。まずはこれから。射程とディレイを削り落としましょう。
ソウルイクスクルード→ブラインドソウル→グロウラックスと、他のデバフで蓋をしながら追い詰めていきます。
デバフの打ち合いならばHCの場合は圧倒できますし、WIZでも互角に戦う事が出来ます。
1個だけ相手がバフを掛けなおした場合はリリースで十分です。
無力化したあとは攻撃ですが、キュアPの実装で無力化タイムが非常に短いです。
ほとんどのフォースがディレイ中の時に相手のデバフが切れたらそれこそ目も当てられない事になります。




グレイザ


【グレイザー】
異界のアニムスと、さらに共感を深めた者たちです。アニムスを自由に異界に送り返し、またすぐに再び召喚できる能力の持ち主です。
サマナー上位


【基本戦術】
盾にスタンに回復と、なんでもござれのご存知コラの主力職です。
イシスと連動した高火力、ヘカテのスタン縛り、イナンナのオートヒールと
いろいろな攻撃方法があります。
アムニスと本体を同時に相手するとは不可能なので、本体を狙い撃ちにするのがポイントになります。
幸いHPが低く、本体の耐久力は低いので、自身の火力があれば比較的対処は楽かもしれません。

【自CU防衛時】
圧倒的な人数で殺到されるため、非常に対応が難しいです。
ウォロック同様に本体を沈黙させてもアムニスは攻撃を続けますし、デバフ漬けにして一人倒しても
全く追いつかないと思います。
ですのでここは一人でも多く撃退することを考えましょう。
それはコラのグレイザーの群がっている中心地点に範囲を叩き込む事です。
メテオ→チェイン→サンドストーム→ミラースウォームと4,5発打ち込みましょう。
自身の経験上、ダメージを食らったコラフォサは一旦退却する傾向が強いです。
2.3人でもいいので撃退してCUの被る被害を抑えるのがポイントかと思われます。
無論アムニスはその間攻撃を続けるかもしれませんが、1人を粘着して懸命に排除するより
被害は少なくなるかもしれません。

【遭遇戦(優先時)】
本体が逃げてもアムニスはすぐには逃げません。
イシスならば耐えて本体を追いかける事は可能ですが、ヘカテの置き逃げの場合、スタン効果でおそらく追撃は難しいでしょう。
あまり無理に追わないようにするか、自分がヘカテを引き受け、その間友軍に追いかけてもらって潰してもらうのがベストです。

戦闘時は真っ先に狙って潰していきましょう。特にヘカテ使いから潰すとスムーズに戦闘が行えます。
この場合は逃亡阻止を重点にしてソウルイクスクルード、スピン、ウィクネス、ブラインドソウルと
インクリの掛けなおしとランニング防止をして味方の排除を待つ方法がいいかと思います。
優勢時はコラグレイザーは応戦するものはバタバタ倒れ、逃げるものはいち早く逃走する傾向があります。
攻撃する際もスピンあたりは常時あけておくといいでしょう。

【遭遇時(劣勢時)】
ヘカテに如何に捕まらないかが逃走のポイントとなります。
捕まれば大抵コラに追いつかれ、ぼこぼこにされて倒れる運命でしょう。
それでも僅かでも光明を見出すべく、
混沌挿しマント、アンチシャープ盾などの保険はあるに越した事はないでしょう。
捨て身で殿をする場合は1人を集中的にデバフ漬けにせず、2人3人と1人でも多く妨害しましょう。
1人にソウルイクスルード、もう一人にグロウラックス、ミュート漬けにされたらリリースと
死ぬ前にできる事はいっぱいあります。

戦闘の場合はおそらくデバフでいっぱいいっぱいになるでしょう。
キュアPがないとお話になりません。
防御仕様で耐え抜くか、攻撃仕様で道連れを狙うかはそれぞれですが
圧倒的なデバフの投射量にどう対抗できるかがカギです。
たとえ攻撃できたとしても、上級4つ連打する前におそらくグロウを食らうでしょう。
ここについてはまだ私も研究中などでどうと言える立場ではありませんorz

【1VS1遭遇戦】
イシス&本体に耐えれる装備が必要になります。
最低でもイシスは耐えれないと勝ち目はありません。
最近はヘカテを使っている人が多いのですが、両者で砲戦をする場合などでは微妙にフォースの発動が遅れる程度で若干イライラするだけでそこまで脅威にはならないでしょう。
ただし逃亡時、追撃時には大いに悩まされる事になります。

まずソウルイクスクルード。これで生身のスペックはこちらが優位に立てます。
速攻でグロウを掛け、リフレをする前にウィークネス等で蓋を。後は既述の通りデバフ漬けに。

ミュートで先制されデバフ漬けにされた場合、リフレに必死になる前にソウルイクスクルードだけは忘れずにかけておきましょう。
相手にもバフの掛けなおしの時間を請求できますし、被ダメやリフレの速度なども大いに抑えることができます。
自分がWIZでリフレ速度で圧倒的に負けていても、相手のバフを消しておけばリフレの速度はおあい子です。

攻撃する際は本体のHPは低いので3k越えのダメージを叩き込む事が出来れば容易に沈みます。
中には回避仕様のコラも多いのでできれば魅力腕の携帯をお勧めします。



【終わりに】
フォサの考察といっても、戦い方は人それぞれのため、はっきりいってほとんど参考にならないかと思います。
上手なフォサ相手では生半可な方法では太刀打ちできませんし。
下手な相手でも4,5人いれば完封負けします。
結局のところフォサ戦というのは物量こそ力なりの世界でして、よほど突出した人がいても一人がその人に粘着すれば無力化できます。

と、今回が手抜きな言い訳をしてみる。
フォサの考察は疲れるんですよ!(死

やっとコラ編終わった・・・orz

次回は待ちに待った?アクの考察編に移ってみたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

46DHから無知と恩恵と大宝石がフツーにでるよ!

2008.05.02  おーみ  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©LUFIA in Rim_World. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。