LUFIA in Rim_World

オンゲからオフゲまでいろいろなゲームの日記

プロフィール

LUFIA / AIFUL

Author:LUFIA / AIFUL
RF Online AQUARIUS鯖
種族:ベラート
Lufia LV54
種族:コラ
アィフル:LV65

AtlanticaOnline ディオーネ鯖
LUFIAN:LV170

フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去ログ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

ボクBK^^
笑ったw

2010.09.23  ふぇぃと  編集

今アドベやってるけど似たような感じてか、TKよりも先に逃げないと死んじゃう^q^
後方から撃つのがいいんだろうケド、転換の射程考えるとある程度前にも出ないといけないのがつらいところ・・・
回避上げときゃまだ違うんだろうケド、なかなか予算がね^p^;

2010.09.25  けい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

テンプルナイト考察 その② ~大雑把な立ち回り編~

2010.09.22

category : 【RF_Online 諸記事】

立ち回りなんて偉そうなことを書いていますが
私のTKとしての経験値なんてスライムのようなものですので
実際最前線で奮闘するベテランTKにとっては児戯にも等しい内容だと思います。

ですが、まあ少し経験値も溜まって、書けるようになってきたかなあと思うようにもなってきたので
思い切って書いてみることにします。
【基本事項】

突っ込むだけのTKはただの牛だ

突っ込まないTKはただの豚だ



かな?TKやって本当にそう感じました。

同じ近接のBKと違って、ブロック率、防御力全てにおいて劣るTKは
最前線で敵の砲火に曝されてケロっとしているBKの真横であっさりと死体と化します。
基本HIT&AWAYは当然なので、やることをやったら後はBKに任せてさっさと下がってスキルのディレイを貯めるべきです。

ただ死ぬのを恐れて全然突っ込まないTKは要らない子。フォサにでもなりましょう。
突っ込んできた前衛を処理するのは後衛の仕事で、TKの仕事ではありません。
少ないスキルを硬い前衛にぶち込んでいては残念な結果になると思います。

チャンスと見れば自分が死んででも敵のキーマンを殺せるなら突っ込むべきです。
そうして屍を友軍が乗り越えてくれればそれでおk みたいな要領ですかねえ
貢献とPvを稼ぎたいならスピオリがお勧めだと思います


【対アク戦】

アク戦では口で言うほど踏み込みのタイミングが容易ではなく、
特に対アク戦ではフリーなグレネが複数確認できる状況ならば突っ込むべきではありません。
間違いなくネットからの定番コンボで撃沈します。

踏み込むチャンスはそのグレネの注意が別方向に行った瞬間。
これが難しく、ただ別のプレイヤをタゲっているからといって突っ込むと切り返しを食らいます。
皮肉な話ですが、TKにとって最大のチャンスは友軍が狙われている瞬間。
そのグレネが別の人に付きっきりにならないといけない瞬間、例えば後衛がタゲられていると
スペはTKより後衛の排除を優先することが多いので、自分が突っ込んでもあまり狙われません。
その瞬間に全力で間合いを詰めて、ストや無防備なスペにスキルを叩きこむべきです。
ただこれは独力で他種を沈めれる火力があるTKに限ってのことであるので
単独では沈めれないTKはじっと我慢して自重すべきでしょう。突っ込んだところで死を迎えるだけです。


【優勢時】

優勢な時は特に深く考える必要はありません。
むしろBKより前に出て敵を追いかける役目です。
BKが他種に追いついたところで何かできるわけではありませんが
TKならば高スタン率を生かして殴るだけで十分足止めができます。
追撃戦では一瞬の足の止まりが生死を分けるので、スプリントを炊いてでも追いついて必殺の一撃を浴びせるべきです。
ただ、罠には注意ね・・・

マセなんかは放置すべきです。レーダー内に味方が見える範囲で敵を追いかけて後衛を捕まえましょう。
スペが逃げているならネットを食らう覚悟で突っ込んで斬りつけるべきです
斬りつけることで足が止まり、スペはTKを足止めするためにネットを使います。
さらに時間が稼げて味方が捕捉してくれるでしょう。

例えグレネをくらっても優勢ならばすぐ味方が追い付くのでそれ以上の追い打ちはありません。動けませんが。


【互角時】

BKに混じって前線の維持活動に参加します。その際は両手武器なんかは持ってはいけません。即狙われます。
あくまでBKに混じって「ボクBK^^」みたいな顔をしてふるまっていればいいのです。
互角の均衡が崩れるのは、前衛の数が少なくなった時。なにもできなくてもとにかく盾とナイフを持って前線の維持活動に協力しましょう。
マセが突っ込んできても相手をしないで前線の維持を。
前衛が突っ込んできた盾を追いかけて後退するとその分戦線が後退します。
抜けた前衛の処理は後方の味方に任せて、とにかく維持に全力を尽くしましょう。
どうせTKの火力で盾を倒すことなんで不可能なのですから。

時間が立って優勢になったら優勢時の対応へ、劣勢になったら劣勢時へ



【劣勢時】

ぶっちゃけすることがありません。なにかしようとすると死にます
BKは殿を務めますが、TKはしないでいいと思います。逃げましょう。
劣勢な時に敵に突っ込む事は愚か極まりない事です。理由があるとき以外はやめましょう。
どうせ敵を殴る前にネット食らって即死コンボを食らうのがオチです。

TKは支援能力が0なので、逃げる味方を待ってどうにかしようなどと考えても無駄です。
代わりに死んであげる事しかできませんが、TKが時間稼ぎしたところでその味方も大抵死んでいます。

後衛に混じって下がって全然OK、味方の復帰と援軍が来て立て直せるまでは下がって逃げましょう。




【対ベラ戦】

アクと違って即死に繋がるような脅威はないものの、アク以上に戦いにくいかもしれません。
飛んでくるデバフの量が半端ではなく、ヒールの存在があり、一気にHPを減らしてKILLという芸当ができません。
例えフォサ以外を狙ってもHCとリンクしていれば回復されますし
機甲を狙っても正直な話タイマンじゃ先にTKのHPが尽きます。
吸収装備があれば逆に機甲は天国です。殴りまくってやりましょう

スキルの多いTKなので、全消し一発で行動不能に陥ります。ディスマン1発で即撤収です。
デバフを喰らわない立ち回り、喰らう前に倒す立ち回りが強く求められます。

ディスマン食らっても泣かない、全消し食らっても泣かない根性が大切。


【優勢時】

先頭に立って追いかけるべきなのでしょうが、相手がフォサですとデバフを撒き散らされて困った事になってしまいます。
機甲は足が遅いので見つけたら張り付きましょう。応戦してくれれば味方が追い付いて大破行きになりますし
機甲を降りるようであれば殴りまくってスタンさせて味方に追いついてもらってENDとなります。

フォサに切りつけるときは、先にリリースやミュートソウルの活用を強く勧めます。
いくら優勢とはいっても、フォサがディスマンとスピンすら入れる時間がないとは思えませんしね



【互角時】

BKに混じって前線維持活動。相手にゴリが見えなければ軽く突っ込んでみるのもありでしょう。
ただスタンの嵐とフォサの一斉射撃で沈没する可能性は十分にあります。
バリケを挟んでいる場合は止めておいた方がいいと思います。
TKの防御力でバリケ外まで帰還するのは結構しんどいです。
もし突っ込むならインクリ+スプリント状態にして即離脱できるような速度を確保を。

バフを消されたらちょっと下がって掛け直し。あんまり下がると前線での存在感が減ります。



【劣勢時】

逃げます。とにかく逃げます。殿なんてしてると足消されてスピン食らってポツンとなってボッコボコです。
足を消されたら即スプリントで代用を。30秒あるのでスク飛びするくらいの時間は十分逃げれます。
アク戦にしろベラ戦にしろ、劣勢時はTKは全く仕事がありません。
ウインド杖でベラの足を消したりするのが関の山でしょうけど、逆に追いつかれて死にそうな気がします。
仲間が捕まっても足を止めてはいけません。TKは味方を助けることなどできないのですから・・・




やっぱりフォサと違って書く事があんまりない気がしますけど一応・・・
スポンサーサイト

コメント

ボクBK^^
笑ったw

2010.09.23  ふぇぃと  編集

今アドベやってるけど似たような感じてか、TKよりも先に逃げないと死んじゃう^q^
後方から撃つのがいいんだろうケド、転換の射程考えるとある程度前にも出ないといけないのがつらいところ・・・
回避上げときゃまだ違うんだろうケド、なかなか予算がね^p^;

2010.09.25  けい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©LUFIA in Rim_World. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。